冬、真っ盛りに旅行するなら暖かい伊豆ですね。

と言っても冬ですからそれなりの対策は必要ですが。。。

 

ひと口に伊豆と言っても見どころ、温泉地はとてもたくさんあります。
伊豆で人気のある観光地や温泉をご紹介してゆきます。

 

大人から子どもまで楽しめるのが「伊豆シャボテン公園」。伊東市にあり、入園料金は大人1800円、70歳以上1300円、小・中学生900円、幼児300円です。

 

5つの温室からなる1500種類の世界中のサボテン・多肉植物をみることができます。そしてシャボテン公園の魅力は何と言っても、とても間近で見られる動物たち、カピバラやプレリードッグ、フラミンゴなどを柵越しではなく見ることができます。またアニマルショーなども開催しています。

 

西伊豆では堂ヶ島のクルージングを楽しむことができます。天然記念物になっている天窓洞を遊覧船で通るコースもあり、美しいリアス式海岸を楽しめます。

 

修善寺はミシュランガイドでも2ツ星に評価された景観があり、一年を通じて観光客の多い場所でもあります。四季それぞれに楽しめる景観があり、境内の宝物殿では常時修善寺の宝物を見ることもできます。

 

御殿場の大型アウトレット、三津シーパラダイス、修善寺虹の郷、伊豆の国パノラマパーク、伊豆アニマルキングダムなども人気のスポットです。

伊豆温泉

冬の温泉は、特別なにかが体じゅうに沁みてゆくような心地がしてほ〜っとしますね。都心から近いので、日帰り温泉ができる伊豆はいつも人気があります。泉質の違う源泉がたくさん湧いていて、様々な温泉を楽しめます。

 

「熱海温泉」は開湯1200年前と古く、徳川家康が利用したという記録があります。主な温泉成分は塩化物泉。2月でしたら日本一早咲きの梅が見られる熱海梅園を訪れるのもいいですね。

 

伊豆半島の東海岸にあるい「伊東温泉」はアクセスが良いので人気があります。東の相模湾、西の山々と景観も良く気候は温暖です。お湯の湧出量は全国でも第2位となっていて、かけ流しの源泉宿が多いのが特徴です。

 

伊豆高原エリアの温泉地では「伊豆高原温泉」がおすすめ。温暖な気候で過ごしやすいため年間を通してファミリーに人気があります。
泉質はアルカリ性単純泉で神経痛、関節痛、筋肉痛、婦人科系疾患などに効果があると言われています。

 

「伊豆城ヶ崎温泉」は観光名所としても有名です。吊り橋や遊覧船、美術館など幅広い年齢層に人気があります。泉質は単純温泉・塩化物泉で、神経痛、皮膚病、創傷、婦人病などに効果があると言われています。

 

その他赤沢温泉、浮山温泉郷、大室温泉、片瀬温泉、白田温泉、などがあり、それぞれ泉質が違っていたり立地により眺望も違うので何度も行ってみたくなります。