冬の京都は穴場といえる観光地

京都といえば、桜、紅葉というワードが浮かびますが、冬の京都は穴場といえる観光地です。

 

京都は多くの世界遺産があり、日本人のこころの故郷といってもオーバーではありません。京都の神社仏閣を見ているとつくづく自分は日本人なんだと思えたり、日本を誇りに思えてきたりします。

 

京都は気候が極端で、夏はとても暑く、冬は底冷えがする寒さとなります。そこでどうしても春と秋に観光客が集中してしまいます。
しかし、冬の京都こそ京都の良さを感じることができる季節だという方も多いのです。

 

世界遺産や文化遺産となっている建築物が白い雪におおわれた景色は春や秋の華やかさはありませんが、凛とした佇まいに思わず背すじが伸びるような気がします。きれいに整えられた木々も白く雪をかぶってとても美しい景色です。

 

清水寺などは雪が積もると、いつもより荘厳な姿となり、圧倒的な美しさを見せてくれます。金閣寺も雪の白が金箔の色をより豪華にしています。

 

石庭で有名な龍安寺は、庭に雪がうっすら積もってとても寒いのですが、縁側に座っている人が結構います。日常では味わえない、清らかな空間とゆっくりと流れる時は京都ならではですね。

 

2月は節分の時期でもありますから、色々なところでお祭りが催されます。下調べをして行ってみるのもいいですね。
京都はこ上がりのお店が多いので、ブーツを履いていると面倒かもしれません。脱ぎ履きしやすい履物がお薦めです。

京都は寒いので、観光客も冬場はうんと減少します。

 

そこで、京都のホテルや旅館などではオフシーズン料金を出しています。

 

一流ホテルのリーガロイヤルホテル京都やグランドプリンスホテル京都、ANAクラウンプラザホテル京都、ホテル法華クラブ京都、ハートンホテル京都などが、往復新幹線を使った1泊料金が1ドリンク券付いてのWEB限定で、首都圏出発の場合18,800〜24,500円という格安料金を打ち出しています。

 

京都は1月は初もうで客でにぎわいますし、3月になると卒業旅行などでまたまた人が多くなります。その狭間にある2月はまさにオフシーズンとなり、ゆっくりと京都の良さを満喫できるチャンスとも言えます。

 

京都をたくさん楽しむためには電車やバスを使うと便利、1日限りで指定エリアの鉄道やバスが乗り放題となる「フリーパス」が冬の期間だけ売られています。優待を受けられる特典施設の案内と公共交通路線図を掲載したマップもついて大人2000円、小人1000円です。